Love_chan タイトル画像 Jyadoucat logo_new_color.gif←今ニーボが熱い!…気がする。

ひとりでできるもん! It is possible to do alone. 俺の速さにお前が泣いた! 今年は”すーぱーたまちゃんかわいい+オートハウスOKR”で頑張ります!

 パワープッシュ→ SBS八王子西 OKR waicoco らーめんふぁくとりーのすけ つけ麺に続きラーメンが注文出来る様になりました!
【注目】日光チャレンジロード【特集】
特別企画 日光サーキット紹介 Vol.0 特別企画 日光サーキット紹介 Vol.1 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.2
特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.3 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.4 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.5
草レースが気になる方、参戦を考えている方、是非!

テイストのお手伝いに行っただ。

tetudai.jpg

と、言わけでテイストオブツクバに参戦する#99もひさんのお手伝いに行ってきました。

まぁ今回の感想は皆様も目にしていると思いますが、
赤旗の多さでして、なんと全レースで赤旗9回

これって一回の赤旗で3台ぐらい転倒してるとして、
これだけで約30台、単独で転倒している人も多かったので、
今回の転倒した台数は計り知れないです。

中には、
スタート→赤旗→減算8周→再スタート→赤旗→減算6周→再スタート、
みたいなクラスもあった。

赤旗になると、ピットに整列→再コースイン(サイティングラップ)→ウォーミングラップ→再スタート、
となるので時間がどんどん過ぎてしまうのです><


■もひーとさん■

我らが伝説のレジェンド、(伝説二回言ってらぁ)
MC18にてZero4クラスにエントリー!

まず予選、
ピットから見てたら、
予選開始直後に戻ってこねぇ
:
(;゙゚'ω゚'):

最終の方で黄旗が見えたので、
1ヘアスタンド(見渡せる)まで見に行くと5150さんが、
もひさんが接触転倒したと、
スポンジバリアにバイクがあり、もひさんは見えない。
5150さんが言うにはグラベル走行後転倒で、ダメージは無さそうとの事で、
電話でお手伝いのみんなに情報共有して、もひさんとバイクの帰還を待つ。

バイクはほぼ無傷、ただグラベルを走っているので、
キャブの口にグラベルの砂(石が)が一粒付いていて、直キャブなので、
心配との事でOH、キャブ内部、リードバルブ付近は問題なし、
後はハンドルがズレてたけどこれは社外セパハンがずれただけなので直して、
カウルはフローズンショルダーさんが直してくれました。
カウルは擦り傷沢山だけどスクリーンの取り付け部と、ステー取付け部が壊れた模様。
でもNSRは軽いし、フルカウルなのでダメージが少ないのです。

中でも、m9(^Д^)プギャーエーモンステー と言っていた、
エーモンステーを使用したカウルのステーが折れずに曲がっただけで、
直ぐに戻せたので、これは侮れんと思った、
なんだっけな、もひーとさんはそれを、固グニャみたいな名前を付けてたな。
それで、アンダーカウルに山ほど入ったグラベルを取り除き洗車して終了。

もひーさん自体は左手と足が痛いといっていたけど、
いつの間にか直っていた(ですよね?)

ヘルメットとか装備も無事なので決勝には出られます。

でも、

もしからしたら予選時に計測されてなくて、
予選が通らない可能性が出てきた!!!

嘆願書だ!嘆願書って事で、
嘆願書を書くのですが、書き方がいまいちよく解らない。

あれですよあれ、「~にもかかわらず」がいいですよ!と、適当アドバイス、
コースイン後、私は様子をみながら徐々にペースアップをしていた。
「にもかかわらず」○○が△△で××
丁寧に車速を上げて行きました。
「にもかかわらず」〇〇が△△で××
その方が良いですって、

とかワイのワイの言っている内に、
なんか参加出来ない人が居たり、そもそも計測されてて、
予選は通過しておりました。

予選23位


■おいでよZero4の沼■

★HPより

>D.O.B.A.R. ZERO-4 SATSUKI KAGURADUKI
>参加車輌は原則として、1980年代までに生産された鉄フレームの車輌。
>排気量(生産時)の制限に加え、車種の制限もある。
>2サイクルは250cc以下、4サイクルは241~555cc以下となっている。
>あれ?ZERO2クラスと同じ?と思われた方がいらっしゃるかも。
>違いは鉄フレームという制限が外れたことです。
>しかも車種限定ですが水冷2サイクルマシンの参加も可能となり、
>水冷2サイクルマシンが目立つようになってきました。水冷といっても、
>そこはテイスト・オブ・ツクバ。こだわりのものしか認めていません。
>伝説の'88NSR・後方排気TZR・KR1。
>眠りから覚めたミドルファイターの戦いに、乞うご期待。

との事。


いやぁ参戦していない僕がこんな事言うのは、
本ッ当に申し訳ないんですけどね、
僕なんかが本ッ当に生意気で申し訳ないんですけどね(永野風)

今回、参戦スタイル、スタンスによってタイム的な、
グループが形成されていたんじゃないかなと、
思います。それが色濃く出ていたかな…なんて。

面白かったのが、
トップグループ程セッティングの影響が出ているって事ですね。
ギリギリまで詰めてるから差がはっきりでちゃうんでしょうね。
タイヤの空気圧がー、キャブがー、なんて感じで、
予選順位を下げてしまう方がいました。

今回のタイム域は、
超やってる系→2~3秒台
やってる系→4~5秒台
頑張ってる系→6秒台
以下、
好きなバイクでやっちゃるばい。
みたいな感じでした。

今回もひーとさんが予選で(接触され)転倒してしまい。
予選通るか通らないか焦ってたんですけど、予選は通過し、
けっこう後ろのグリッドだったんですね。

でも、

スタート前にグリッドにいたんですけど、
そうしたら、
色んな車種が周りにいて、
それがすごく興味深くて、
いいなぁ~、
なんて僕はドキドキしてしまいました。

ΩΩΩ/ だったらtarawoさんもまたGSX-Rで出れば良いじゃん!

(´・ω・`)いや、それは…。



★HPより

●T.O.T参加におけるモラル
>T.O.T は参加して良し、観戦して良しを両立したイベントです。
>基本的にはアマチュアのレースがベースとなっています。
>プロフェッショナル並びに選手権カテゴリーなどで実績を積まれた上級者は、
>参加の際に十分主旨を理解したうえで考えて下さい。

>つまらない規則が増える前に空気を読むことが大事だと考えます。
>ショップワークスなど自己所有のマシン以外で出場できるクラスは、
>スーパーモンスターエボリューションとハーキュリーズとなります。
>主催者と参加いただく皆様が納得できるイベントであることが求めるスタイルです。
>ご理解をお願いいたします。

との事。

 まぁみんな自分のバイクで出てるからいいよね。

 …たぶん



★HPより

●メッセージ(車両について)
>T.O.Tらしいマシンとは何か?規則化できないニュアンスや、
>T.O.Tの雰囲気を大切にすることが強く望まれます。
>クラスによっても雰囲気は違うし一言では表せませんが、
>ひとつの表現方法としては、
>チャンピオンシップの懸かった選手権レースとは違う味のあるマシンということでは無いでしょうか。
>ストイックなまでにラップタイム短縮を目指すスタイルではなく、
>テーマを持ったマシン造りを願います。
>例えば、その時代のトップライダーやマシンのレプリカとか・・・。

>決して鋭くスラントしたアッパーカウルが似合うレースだとは思いません。
>シートトップゼッケンでもなければ、何も化粧もしていないボロボロなマシンもそぐわないでしょう。
>参加される皆様の味のあるマシンで多くの方を魅了してください。

との事。

個人的には当時のフォルムに拘って欲しいって言うのはあります。
当時の青春は峠の走り屋(当時)だと思うので、
さすがに尖ったRSシートはちょっと違うんじゃないかなぁと思います。
当時のカウルが手に入り難いってのあると思いますが…。

なのでもひーとさんのRSカウル?はなんとかして、
当時物の88か89カウルに変えてやるのです。

>>何も化粧もしていないボロボロなマシンもそぐわないでしょう。
>>参加される皆様の味のあるマシンで多くの方を魅了してください。

ごめんなさいごめんなさい!
いや、あれでも化粧したんだ!
掃除したんだ!

誰か:あれ、もひさんのカウル新しくなってませんか?

tarawo:(・∀・)ニヤニヤ ワシが掃除して直したんやで!

ちなみに僕のカウルは89とNF4の組み合わせだから問題無し(^V^)



■そして明かされる大問題、Zero4の沼■

ビッグネイキッド、特にZ系に憧れるのって正直、
僕より一つか二世代上の人達なんですよね。
僕の高校生~大学時代は峠、走り屋が大人しくなる頃だったんですけど、
基本はレプリカが好きでそれ以上のものって無かったんですよ。
なので正直ネイキッドと言われてもピンとこない。
だって峠に走ってなかったでしょ?
拘りのマシンと言われても中々思いつかないの世代なんですよ。
もちろんZ系なんて見たらなんかカッコイイって思うけど、
ピンと来ない。

なので将来ステップアップをするとして、
好きなバイクを選んでくださいと言われてもうーんと思ってしまうのです。

でも92年あたりのGSX-R750やファイヤーブレードはメチャクチャ好きなので、
いつか乗ってみたいなーと言うのはあります。
テイストでも微妙にそういうクラスはある。

でも、そんな収入や余裕が出るのか解らないうちは、
NSRで走るんだろうなぁー。

いや、もちろんNSRのレーサーライクな雰囲気や、乗り味、
2スト二気筒の音は最高なのでずっと乗りたいんですけど。

あーでも青春な薔薇の香りのバイクは峠、レプリカ系なので、
他のバイク、例えばTZRとかΓとかでテイストに出るのかなぁ。

んでNSR乗りで話すと、そもそもNSRの完成度が高いので、
次は要らないよね、考えられないよね。
って話になるんですよね。

むしろじゃぁMC16って気になるよね。
みたいな話になる。

NSRがある意味一つのジャンル、ハイスタンダードなので、
皆乗っているんだし、そこからじゃあ他に何乗る?
って事にはならないと思うのです。

たぶんTZRとかカタナとか他の四気筒レプリカで参戦している人も、
その年代の、峠で暴れていたバイクがメチャクチャ好きで参戦していると思うのです。

それを捨て?他のクラスへのステップアップは中々ないんじゃないかなぁ。

のでー、
いがいに―、
Zero4の沼はー、
深いのでー、
あった。

っていうか今回ちゃんと話がまとまって自分でもたまげたw。

(´・ω`・)エッ?



あ゛あ゛あ゛

Zero4の決勝ですが、
スタート後赤旗、再スタートで、大本命T2さんがマシントラブル、トップ争いはゲズンさんと滝口さん、
それにソイヤくん、ネダッチさん、予選24位から驚異の追い上げをしたアサノさんが絡みセカンドグループ、
またしてもプライドバトル!
その後に、ダメオヤジさん、ハリーさん達のグループと言った感じでレースは進み、
その後ろに(少し離れて汗)もひさんは井場さんをつっつき続け結果10位でした。

そんな感じで一日楽しく過ごす事が出来ました。
あいかわらずテイストは特別感があって良かったです。

おわり。


以下参考資料







  1. 2016/05/13(金) 22:59:26|
  2. バイク日記
  3. | コメント:2
<<日光練習 | ホーム | ヘルメットの再利用>>

コメント

イロイロありがとございました。おかげさまで楽しく過ごせました。
ところで今回のタラヲさんのタイム区分によると、ボキのバイクは「やってる」に入りますね。ふふふ、バレたか…
ともあれ秋も楽しみです。

  1. 2016/05/15(日) 14:54:21 |
  2. URL |
  3. もひ#99 #-
  4. [ 編集 ]

ボキという死語全開なもひーとさんこんばんわ&おつかれさまでした。
僕らに大型スポンサー(エンジン)が付くまで耐えましょう。欲しがりません勝つまでは、
あれ、でも勝つにはハイパワーなエンジンが欲しいんですけどうわーんうわーん。
テイスト出たくなっちゃったけどドッグファイト買うまで我慢の心。
  1. 2016/05/23(月) 20:44:33 |
  2. URL |
  3. tarawoさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する