Love_chan タイトル画像 Jyadoucat logo_new_color.gif←今ニーボが熱い!…気がする。

ひとりでできるもん! It is possible to do alone. 俺の速さにお前が泣いた! 今年は”すーぱーたまちゃんかわいい+オートハウスOKR”で頑張ります!

 パワープッシュ→ SBS八王子西 OKR waicoco らーめんふぁくとりーのすけ つけ麺に続きラーメンが注文出来る様になりました!
【注目】日光チャレンジロード【特集】
特別企画 日光サーキット紹介 Vol.0 特別企画 日光サーキット紹介 Vol.1 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.2
特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.3 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.4 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.5
草レースが気になる方、参戦を考えている方、是非!

FRPー

今日はFRPでフェンダーやカウルの修正などをしていたのですが、
そんなんでFRPのお話、
いや、
かかったな!
サーフ日記だ!



FRPはご存知?

Wikiペディアによると、
繊維強化プラスチック、またはガラス繊維などの繊維を
プラスチックの中に入れて強度を向上させた複合材料のこと。

とあります。
まぁそんな感じで、
取扱い方法としては、
樹脂に硬化剤を加えて固めるんですけど、
その際、ガラス繊維を混ぜたり、繊維のシートでくるんだりして、
目的の形状を作ったり割れたカウルを貼り合わせたりします。

で、レース用のバイクはだいたいこのFRP製のカウルがついているんですけど、
これは軽く、強度もあり安価、修理しやすいって事ですね。

難点は、粘度の低い樹脂なので垂れてしまい、
水平にして作業する必要があり、例えば上面と、側面を修理したい場合は、
縦、横、二回に分けて作業する事になってしまいます。
あとは樹脂の扱いとか遷移が肌に刺さって痛痒いとか、
体内に入ると取れないとか…どっちかというと使いにくいか(汗)

ここからが本題、
サーフボードってショートボードが8~15万位するんですよ、
勿論、職人の手作り、中国製、半分機械による量産型とかで値段も変わります。

そして、その作りなんですけど、
発砲ポリウレタンフォームをガラスクロスで包みポリエステル樹脂で固めているんです。
※他に様々な素材がありますが、基本は上記。
つまり、硬いスチロールみたいな奴をFRPで包んでいるんです。

で、ですね、
ブランド品のオーダーだと十万超えは必須なので、
サーフボード高いから自分で作ってやる!
と、
在りし日のtarawoさんは立ち上がりました。

まずはインターネットで情報取集、
そして材料を購入します。
なんとか入手、

材料費=約2万円

ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

安すぎる!

※その昔、サーフボードを作る素材、
道具は一般の人には手に入らなかったらしい。
だってみんなが作れたらうわあやめろ…

とはいえ、大工道具があれば出来たりもする。

で、ですね、
自分で作ったんですけど、

070711_2214~0001
ゴーグルマスクないとやばい!

bordo2.jpg
できた!

完成した後の感想、


サーフボードの価値は6~7万なら納得、

職人が削ってくれたらそれ以上で買う。

と、

即思いました。

なぜか?

・手間がかかる。
・体に毒
・もちろん綺麗に造れない。


特に上記二点がとてもキツく、

・手間がかかる。
に関してですが、
まずは雑にサーフボードの形をしているフォーム(硬いスチロールみたいな奴)を、
サーフボードの形に削ります。
左右の形、全体のバランスをとるので、かなり大変。
また猛烈な粉が出ます。
そしてサーフボードの形となったフォーム(硬いスチロールみたいな奴)に、
ガラスクロスを巻いて、FRPをダラーリとたらし巻きます(これを数回)、
猛烈な臭いがします。
固まったら、紙やすりとかで表面を慣らしていきます。
時間がかかり、猛烈な粉が出ます。
最後に、フィンのベースを付け、リーシュコード(流れ止め)用のプラグを付けて完成。
樹脂が固まるタイムラグがあるので、約一カ月かかりました。

・体に毒
全体的に削るのでその時の粉、ガラスクロスの破片。
これが体に入ると最悪取り出せなくなるそうです。
どんなに注意してても作業後はチクチクするし、
使う量が多いので防塵マスクを着用します。
またラミネート時に使用する樹脂に臭い、
反応するときに出るガス?が体に毒です。
つかう量がかなり多いので、防毒マスクを着用します。

サーフボードシェイパーの中には体を壊しってしまった人も居ます。
その人は体の免疫機能が効かなくなり、宇宙服みたいなのを来て作業している。

そしてここ重要、
この時、実家の蔵にて製作したんですが、
その年以来、ネズミ、蜘蛛、Gが、全く居なくなってしまった。


もちろん綺麗に造れない、
削って上下左右のサイズを合せるなんて、
出来ない!

400411.jpg

と、いう事で、原価はチョウー安いけど、あらゆるものと戦って、
造られるサーフボードに値段なりの価値はあったと解りました。

で、

FRPだってばよ、
サーファーだったからボード修理の為、
FRPは扱えたし、それなりの道具もあります。
でも手間がかかるので面倒くさい。
けど出来上がるとなんか嬉しい。

以上。

おまけ、
FRPなんつーのは、
ここで買うと安いよ。


※サーフボードを作ったのは2000年ぐらいの話、
またブランド品のボードが更に高いのは研究費(トライ&エラーでモデルを確立)も入っていたりします。



ちなみにディケール(ロゴ)は和紙に印刷して、ラミネート時に入れるんだぜ!

  1. 2016/04/11(月) 00:39:27|
  2. 40さい
  3. | コメント:0
<<レース準備 | ホーム | 発想力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する