Love_chan タイトル画像 Jyadoucat logo_new_color.gif←今ニーボが熱い!…気がする。

ひとりでできるもん! It is possible to do alone. 俺の速さにお前が泣いた! 今年は”すーぱーたまちゃんかわいい+オートハウスOKR”で頑張ります!

 パワープッシュ→ SBS八王子西 OKR waicoco らーめんふぁくとりーのすけ つけ麺に続きラーメンが注文出来る様になりました!
【注目】日光チャレンジロード【特集】
特別企画 日光サーキット紹介 Vol.0 特別企画 日光サーキット紹介 Vol.1 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.2
特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.3 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.4 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.5
草レースが気になる方、参戦を考えている方、是非!

俺は…サーファーだったかい…。

今日はバイト後、
本業では仕様書作って提出したから少し時間が出来ました。
仕様書ってプログラムを組む人に渡す設計図みたいなものなんだけど、
渡しちゃえばそれを元に質問が来たり、作り始めてもらえるので、
とりあえずは猶予が生れるのです。
んで、今夜の話題。



別れ際に男が言った。
俺は…サーファーだったかい…。

サーフィンとは職人が削りしサーフボードで、
崩れる瞬間、生まれつつある波の斜面を滑り続ける荒行である。

掘れ上がる波の斜面、ボードに腹ばいになり手で水をかき、
滑り出したボードの上に立ち上がりながら斜面を滑る感覚、
スピード感、足に感じる波の感触、そこから見える風景、
それはまさに人生観が変わる瞬間なのである。

時に波の力で命の危険を感じる事も少なくない、
冬は冷たい海水の中で波を待つまさに荒行なのである。

今日はそんなサーフィンを始めたきっかけとかを書いて
行きたいと思います。

きっかけ

もともと海やプールで泳ぐのは大好きだったので、
いつかはサーフィンやりたいなぁと思っていました。
でもここだけの話、サーファーは麻○をやっていると思っていたので、
さすがに○薬はやりたくないなぁと思ってて、
中々出来ずじまいだったんです。

んで、
大学生になった頃、
ボードに寝そべって波にのるボディボードというものが、
流行り始めていたので、これなら出来るかな?
と、サーフィンをやっていた友達に(以後師匠)ボディボードを
やりたいんだけどどうなの?
と聞いてみたら、それならサーフィンをやればいいよ。
夏休みで千葉に帰ったらやるべぇ、
と誘ってもらいました。

でも、
サーファーは麻○をやるんでしょ?それはちょっと嫌だ。
と伝えた所。
そんな訳ねぇべ!と笑われてしまいました。

そんな感じで、海に連れていってもらえる事になりました。
でも、いきなり本格的なポイントに行くのは危険との事で、
波がない海で基本操作を教えてもらう事に。

全て借り物で、トランクスにラッシュガード、
という恰好ではじめて借りたボードで海に出ました。

そして沖では波は割れていなかったので、
岸際で崩れる波にボードに寝そべった状態で、
後ろから押してもらい波に乗り。

今までにない爽快感を味わい、
なにこれすげえ!!!
サーフィンやべぇ!
と感じてしまったのです。
頭にはビーチ・ボーイズのサーフィンUSAが流れた。

400322.jpg

余談ですが、その教えてくれた師匠の彼女さんが、
金色のビキニでバインバインと登場してきて、
サ、サーフィンやべぇ!と、思ってしまいました。

この日はそんなサーフィンやべぇ、って感じで、
翌日に本格的な、鴨川、そうwave city kamogawaに
行く事になったのです。
鴨川は看板にwave city kamogawaと書いてあるのだ。

この師匠の車が、なんかワゴンで、車高が低く、
クーラーがガンガンに聞いた社内ではバニラの香りが
してて、ステレオはズンドコズンドコいってて、
とても夏の香りがしたのを覚えています。

海についてボードをかりて入水、
なんか波は小さかったけど、沖に出ていくとき、
来る波来る波に巻かれ、すんげぇ疲れた。
波もあるし、ボードの上で寝そべるだけでもフラフラ…。
その日はもちろん乗れなかった気がする。

師匠にはこれでサーファーデビューしたな!
と言われなんだか照れ臭かった。

大変な事に波に巻かれた時、
コンタクトレンズを無くしてしまい帰りに、
メガネ屋にコンタクトレンズを買いにいった。

一度目の紛失はタダで新品のレンズをもらえるというのに
驚いたけど、それよりも店員のギャルに、
「凄い日焼けですね~」
と言われ、
その時、
「いや~サーフィンやってるからかな~」※まだ一回目、
なんて返答したんですけど。
そうしたら、
「えーサーフィン、あたしもやってみた~ぃ」
と目をキラキラして言われ、
サ、サーフィンやべぇ!
と思ってしまいました。

なんだか、サーファーって事で、
とても特権階級になった気がしたものでした。

その日は家に16時頃着いて、そのままベッドで気絶、
気が付いたら翌朝の4時で体バッキバキ、
約束をしていたのでまたそのまま海に行きました。

海が近づくと師匠はカーステで、
ベートーヴェンの月光を流し、
今日はタラヲの命日だな。と嫌がらせをしてきた。

この日は師匠の友人も来ていて、
なんだか雰囲気も違う。
楽しそうなソワソワしているような。

実は台風が近づいていて、
波が上がっていると言うのだ。 
波打ち際も妙に静かで、
沖を見ると波も大きく波数も多い。

師匠達は海に入りパドルで進んでいくが、
自分は波が来る度飲まれ、
ぐるんぐるんに巻かれ、息も出来ず海底に叩きつけられ、
気が付くと沖へ流され、
必死に岸にかえろうとするも巻かれて流されを繰り返し、
中々岸に戻れなかった。

なんとか岸にたどり着くと目は回るし、足腰はガクガク、
そのまま岸辺に体育座りですよ。
恐怖と情けなさを全身に感じました。

この年は台風の当たり年で、
海に行く度に同じような師匠についていけず、
波に巻かれぐるぐるを繰り返します。

だけど、いかついサングラス、
Tシャツに半ズボン、ビーチサンダルと、
それなりに日に焼けたので恰好だけはサーファーとなった。

車にもバニラの臭いがするエアーフレッシュナーをぶら下げ、
BGMも色々サーファーっぽいのを教わり、CDを購入。
ズンドコ節、コンタクトレンズは使い捨てを購入し、
趣味はサーファーと答えるようになりました。

9月が来て、
大学の為に都内に帰る。
初シーズンはそれで終わった気がする。

さてtarawoさんはサーファーになれたのでしょうか?

続く。
  1. 2016/03/22(火) 23:27:39|
  2. 40さい
  3. | コメント:0
<<俺は…サーファーだったかい…。 その2 | ホーム | 昔はお洒落さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する