Love_chan タイトル画像 Jyadoucat logo_new_color.gif←今ニーボが熱い!…気がする。

ひとりでできるもん! It is possible to do alone. 俺の速さにお前が泣いた! 今年は”すーぱーたまちゃんかわいい+オートハウスOKR”で頑張ります!

 パワープッシュ→ SBS八王子西 OKR waicoco らーめんふぁくとりーのすけ つけ麺に続きラーメンが注文出来る様になりました!
【注目】日光チャレンジロード【特集】
特別企画 日光サーキット紹介 Vol.0 特別企画 日光サーキット紹介 Vol.1 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.2
特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.3 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.4 特別企画 日光サーキット攻略法 Vol.5
草レースが気になる方、参戦を考えている方、是非!

一挙放送!じゅりーさんがSSkillersに参戦するコーナー Vol.03,Vol.04,Vol.05,Vol.06

こんばんわ!
皆様お目当て、進撃のじゅりーですが、
なんと今晩、一挙掲載でございます!
それではでわ~。


pict-IMG_2567.jpg
※水面を舞う白鳥の毎く…



NCM_3449.jpg

この そーど おぶ れじぇんど で 
だいしんかん じゃどぅ を たおすの よ


あ、一応
じゅりーさんがSSkillersに参戦するコーナー Vol.01
じゅりーさんがSSkillersに参戦するコーナー Vol.02






■Vol.03 2014/8/26 tue

桶川スポーツランド
新コース
RGV250Γ VJ22a
TS7 大型クラス
午前中ミニバイクのエントリー無しの為、大型バイクの貸切
ベストタイム 58.415
天候 雨

現地到着して走行までに、前回タラヲさんから頂いたタイヤに交換。
大部分をタラヲさんにやって頂き、ありがとうございました。
この日の一番の勉強になったと思う(笑)

pict-IMG_2561.jpg

交換したタイヤはピレリのディアブロスーパーコルサ。
右回りの日光で使っていて右側の山は少ないが、
左側の山はたっぷりあったので左回りの桶川には持ってこいな具合。

雨のサーキットは今年の3月に日光チャレンジサーキットで走ったのが初めてで、
そもそも「雨のサーキットなんて走るもんじゃぁない!」なんて思っていたけど、
今はレースに出るべく練習をしてる訳で、
レース当日が絶対に晴れるなんて保証も無いので雨のサーキットで練習出来るのは貴重なんじゃ無いかと思い、
いろいろ考えながらコースイン。

雨が幸いしてこの日の走行者は僕とタラヲさんを含めて3人。
台数が少ないので後ろから来る速い人を気にせずに走れるので気持ちは結構リラックス出来た。

初心者からすると速い人とコース上で絡む時は本当に気を使ってしょうがない(;_;)
気を使ってラインを変えなくても上手い人は上手く抜いてくれるよ!
なんてよく言われますが、そもそも初心者の走るラインなんてぐちゃぐちゃだし(-ω-;)

もっと練習して簡単にパスさせないくらい速くなってやるんだ!!

コースインして、タイヤに気を配りながら徐々にペースを上げて行く。
ペースを上げて行くと今度はブレーキングポイントが掴めなくて何度かコースアウトしそうになった。
コースイン前にタラヲさんから、

雨の日は急な動作はしてはいけない!
ブレーキとアクセル全開はバイクが起きてから!


とポイントを教えて貰っていたのを思い出し、凄く意識して走る。
ブレーキに関してはビビってどうしようもなかったので、アクセル全開ポイントを意識して走る。
何度かリアからトトトッっと振動が伝わってきたり、オメガ進入でバイク全体が横にスライドしたような気がしたり、
「雨の日ってわっかんねぇぇえ!!!」とヘルメットの中で発狂。
すると後ろから来たタラヲさんが
3コーナーインに入って来てスラーっとドライの路面を走っているかのように抜けて行く。
ますます「わっかんねぇぇぇ!!」(笑)
実は滑っているのは錯覚でまだまだいけるのかな.......?なんて思ったがなかなかビビリリミッターが外れなかった。
雨の日の走行を沢山経験してビビリリミッターを少しずつ解除していかなくてわ。。

もし、レース当日が雨になった場合はどうなっちゃうんだろ。。

以上。



□tarawoさんより

いや、実際雨でディアブロ+2スト250cc、やべぇなぁ。と思ったけど転ばず走ってくれて良かった。
でも雨程路面と対話しながら走る機会は無いから良い経験になったんじゃないかな。







■Vol.04 2014/9/2 tue

桶川スポーツランド
新コース
RGV250Γ VJ22a
TS7 大型クラス
午後ミニバイクのエントリー無しの為、大型バイクの貸切
ベストタイム 49.914
天候 晴れ!かんかん照り

本日は単独での練習。

前々回課題としたアクセルを早く開ける事を意識する。

前回のドライ走行との変更点は
・タイヤ 1年半履き続けたS20
→中古スーパーコルサ
・スプロケ F.13 R44
→F.15 R44
・チェーン 納車時からついていた何年物かわからないチェーン
→新品EKチェーン

               ∧_∧
 エヌマチャ━━━━━━(´∀` )━━━━━━ソ!!!!!
              /     ヽ
             / 人   \\   彡
           ⊂´_/  )   ヽ__`⊃
                / 人 (
               (_ノ (_)

タイヤの性能とファイナルが変わっているのでどう変わったか意識する。

・タイヤ・
中古とはいえ目ん玉飛び出るくらいグリップする!
今までタイヤのグリップ性能なんて感じたことなかったけど、噂通り凄いタイヤだ。

・スプロケ・
フロントを2丁ロングに振ってほぼ1速で
2速はホームストレートと2~3コーナーのストレートで使うくらい。
前回のファイナルよりは良くなった。
が、イマイチピシャッとこない。

だんだん走行中に余裕が出て来て「あ、前の人俺と同んなじブーツだw」
なんて思うようになって自分の中でもリズム良く乗れてるなぁと思ってた辺りで桶スポでの自己ベスト更新。

ラップタイマーなるアイテムを導入したいと強く思った。



今回走行していて改善しなきゃいけない所
前回同様全体的なペースアップ
・ブレーキをかけ過ぎ
・ブレーキがじわーっと長い
・目線は目の前じゃ無く先のコーナを見る

ブレーキに関しては完全にビビリリミッターが発動している。
ビビリリミッターってどうやって解除するの?

目線については理由は分からないけど先に目線を向けると全体的にリズムが良くなった。気がする。

以上。



□tarawoさんより

だべだべ~ディアブロやばいべぇ~!特に無印SC2、これ史上最強傑作タイヤ!
グリップと旋回性とライフが凄い!なんで廃盤なのよヽ(`Д´)ノ
この日大事なのはラップタイマーの必要性を感じた事、
サーキット走行するなら自分のペースを図る為必須アイテムなのだ!
自分のペースが解るから不用意な転倒も防げるYO!







■Vol.05 2014/9/3 wed

桶川スポーツランド
新コース
RGV250Γ VJ22a
TS7 大型クラス
午後
ベストタイム ------
天候 晴れ

本日は、午前中にスッカスカでしょうがないガンマのフロントフォークを少しでも改善するべく
フォークのキャップを外した所、中のインナーロットとの接続部分が外れていて、
内部の小さな部品も外れていたりしていて、
フォークの中がしっちゃかめっちゃかになっていた事に気づき、午後の走行は断念。
インナーロットにクラックや打跡あり。
一度全部バラさなくては
何処までが損傷しているのかわからない状態。
レースまであと3日。。。


タラヲさんは午後から走るので、速い方を外から観て勉強する事に。
外から観ていて、自分と違うと思う所は
大前提で「全体的なペース」
その中でもすっごく違いがわかるのが
・1コーナーの速度
・2コーナーの旋回速度
・3コーナーの旋回速度
・オメガの旋回速度
・9コーナーの旋回速度

3と9はブレーキのポイントが5メートルくらい違った。

やっぱりブレーキングを考えなきゃタイムは縮まらなさそうだ。。

以上。



□tarawoさんより

いや、あの僕もレースに向けて整備してて不具合が出てくるんだけど、
今回のトラブルはたまげたよ。

んで確かに普通の人とサーキット走行経験者はブレーキングが全然違うよね。
そこに着目したのは良い事だと思う。

~皆様へ~
この日はレース参戦を断念するかと悩んだぐらいの、
マシントラブルでして、二人で超悩んでいたのです。

おかしくなったじゅりーさんが、R1じゃ出られないですかね?と言っていた。
※じゅりーさんはR1を持っている。








■Vol.06 2014/9/7 sun

SSkillers!!R3 決戦の日

桶川スポーツランド
新コース
RGV250Γ VJ22a
ノービスB
ベストタイム 50.229
天候 晴れ
路面は所々ウェットパッチ有り
水溜りはほとんど無し


ついにレース当日
レース前夜は緊張のせいか気持ち悪くなってなかなか寝付けなかった(´ω`;)
天気予報で事前に分かっていたが、朝起きると雨
ガンマのフロントフォークは前日の夜にお世話になっているバイク屋さんが間に合わせてくれた
結局フォーク内部の部品は全て新品交換。
タイヤも木曜日に新品を投入する予定だったがフォークを最優先して、
レース当日はタラヲさんから譲って貰ったピレリのディアブロスーパーコルサで走る事に

ゲートオープンが6:30だったので6:00前には現地へ行こうと思って準備をして、
いざ出発の時になぜかエンジンがかからなくて、現地へ着いたのは6:15分頃
既に桶スポ前は行列が(^^;;
それでも駐車場の確保が出来たので良かった

pict-IMG_2651.jpg

その後は、タラヲさん、タケロシさん、僕様さん、ナムさんと合流してテント設置
慌ただしく受付や車検などをしていたおかげで、だいぶ緊張感はやわらいだ


・練習走行・

雨が降る中の練習走行だったが、一度雨の日に練習したおかげで気持ちは凄くリラックス出来た
水溜りも多く不安になったがそれは他のライダーも同じ事
とにかく急な動作をしないよう慎重に走った

丁寧にアクセル操作をしているつもりだったが
9コーナー抜けて水溜りを通過してホームストレートへ帰って来る時にリアが凄く滑った

ベストタイムは1:01.2
前の雨の時の練習では58.415だったので、本番はもう少し詰めて行ける

こういう事が言えるので雨の練習しておいて良かったね(タラヲ談)


・予選・

予選が始まって最初のクラスで転倒があり、3コーナー入り口付近にオイルが流れてしまい一時中断。
雨のせいかかなりひどくなってしまったようで、
このままレース自体も中止になるなんて噂も聞こえて来ましたが、スタッフの方々のおかげで無事再開
オイル処理にかなり時間がかかってしまった為、予選は無しで決勝グリッドは練習走行時のタイムで並ぶ事になり、
なんと2番グリッド
ど緊張で決勝前まで記憶があやふや(^^;;


・決勝・

pict-IMG_2668.jpg

決勝はオイル飛散の為、3コーナー進入区間にパイロンが置かれラインの制限がされていた
2コーナー立ち上がって3コーナーを抜けるまでは黄旗扱いで追い越し禁止
そして、決勝が始まる頃には雨も止み路面もだいたい乾いてほぼドライ

僕の決勝の前にタケロシさんのノービスCの決勝が行われ、
そこでタケロシさんの2コーナー突っ込みやラインを変えて
前走者へのプレッシャーをかけて行く熱いバトル見て、
じゅりーさんアドレナリンドバドバ
もうどんなテンションで居ればいいのかわかんなくなる

そしてノービスB決勝
コースイン前にタラヲさんから、
2stの加速の良さを生かしてインフィールド区間は無理をせず、
前走者にピッタリ着いて行き、
ホームストレート、1コーナー、2コーナーまででパスするのがベスト

とアドバイスを貰ったので、ブツブツ唱えた

ウォームアップラップを2周していよいよスタート

スタートは思いっきり失敗
レッドシグナルが点いた瞬間に頭の中が真っ白に(^_^;)
一瞬出遅れて後ろのFTRさんに抜かれたが2stのドッカン加速のおかげでなんとか2番手死守
2コーナーでインにFTRさんアウトにVFRさんが見えたが死守

pict-IMGP0343.jpg

j03_201409161946533b7.jpg

その後はあまり詳しく覚えて無いが、前を走るDトラッカーさんとの差がだんだん無くなり
タラヲさんのアドバイス通りホームストレートから1コーナーで抜くことが出来た

この辺りは外から見てた方のほうが詳しいかも(^_^;)

j02_20140916194652e83.jpg
スタートは危なかったけどなんとか2位、前半Dトラッカーを抜こうとつついていて、VFRにも迫られていたんだけど、
後半、最終コーナー立ち上がり加速が綺麗に決まりDトラッカーを侵入でパスした。
※最終立ち上がりにウエットパッチがあり難易度が高かった。
トップに立つとおかしくなりタイムを上げ幻を追いかけスパートしてて転ぶかなと心配した。
※tarawo談



pict-IMGP0367.jpg
気がつけばチェッカーフラッグが見えて
すーぱーたまちゃんやんぐ1位!
テントへ戻ってくると足がガクガク震えてた(^^;;

応援に来てくれていた地元の友達がスタートと最終ラップを撮影してくれていた





初めてレースに出た事で、
ルールやマナーなど知らなかった事を知ることが出来たし
バイクを速く走らせる事についても考えるようになった。

今回は初心者がレースに参戦するという企画の元でSSkillers!!に参戦したが、
これからも参戦しようと思う
次はノービスAだ!

pict-IMG_2718.jpg

SSkillers!!に関して言うと本当に初心者が参加しやすいレースだなと思った
少しでも興味のある方は是非参加して欲しい!

今回はタラヲさんプロデュースでたくさんサーポートして頂き、
素晴らしい経験をさせて頂きました!
本当にありがとうございました!

j01_201409161946582d7.jpg


□tarawoさんより

正直順位はあまり重要じゃなくて、 ※失礼、あ、でも本当は嬉しい(・∀・) 、
あのコンディションで最終前で立ち上がり加速に切り替え1コーナーでパス
これを実行し、成功したのが本当に財産になるレースだったと思う。
転ばなかったし。

最終立ち上がりで前のバイクとの動きが一緒になった時、「行ける!」と思ったもの。
なので考えて抜かした!ってのが一番良かったんじゃないかね。








と、いうことで、じゅりー感激企画、一旦終了でございます。
応援してくれた皆様、声をかけてくれた方々、ありがとうございました。

じゅりーさんは今後も桶川を走るだろうし、
日光のレースも視野にいれているとの事です。
サーキットで見かけたらよろしくお願いします。

って感じで「すーぱーたまちゃん」を卒業でございます。

じゅりーさんは自分で仲間を集めて走るかもしれませんし、
ももももしかしたらまた「すーぱーたまちゃん、やんぐV3」などで走るかもしれません。



大事な事は目標を立てた事でそれに向かってライダーもバイクも動かなければならなかったって事です。
じゅりーさんが書いたように、

初めてレースに出た事で、ルールやマナーなど知らなかった事を知ることが出来たし
バイクを速く走らせる事についても考えるようになった。


これを実戦出来たのは大きいですね。

また桶川のSSkillersのノービスクラスはそんな目的に最適なレースだったのかもしれません、
※タイムが細かく分かれている所がいいのかなと思います。












送信者:たまちゃん
件名:レースの件
本文:

       エライ





  1. 2014/09/16(火) 20:16:33|
  2. じゅりー感激
  3. | コメント:1
<<2014テイストオブ筑波への道 第9話 ツーリストトロフィー2014 秋の部  | ホーム | レースに参加します!(今週も)>>

コメント

先日はお疲れ様でした!

今回は本当に素晴らしい経験をさせて頂きありがとうございました♪
今回の経験を今後のサーキット活動に生かして行きます!

これからもアドバイスなど頂けたら嬉しいです。

『すーぱーたまちゃん』わりと気に入ってます(^_^)

  1. 2014/09/17(水) 01:11:51 |
  2. URL |
  3. じゅりー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する